奨学金制度
Scholarship

■小土井学園特待生制度

AO入試受験者限定 AO特待生制度

美容科・ビューティー専科対象
AO入試の合格者は、面接の結果で全員いずれかの特待生になります。
・特待生S1(授業料1年次前期全額返還)
 美容科:18万円
 ビューティー専科:15万円
・特待生S2(授業料1年次前期半額返還)
 美容科:9万円
 ビューティー専科:7.5万円
・特待生S3(入学金半額返還)
 美容科:6万円
 ビューティー専科:2.5万円
●決定時期:1月
●支給時期:入学後

特待生制度

応募する人は、出願時に希望する種類を「入学願書」に記入して出願してください。但し、1種類しか応募できません。
条件を満たした人の中から選抜し、決定します。
小土井学園 特待生制度は、返還の義務はありません。但し、長期欠席や退学をした場合、特待生の資格を喪失し、支給した奨学金の返還を求められることがあります。

特待生A

① 学校推薦入試の受験者または、一般入試の卒業見込みの受験者で評定平均値が4.3以上、且つ3年間の欠席日数が5日未満である人
◆決定時期:入学後審査
◆支給時期:入学後
◆給付額:授業料1年次前期全額返還

② 一般入試の受験者で、大学、短期大学または専門学校の卒業、あるいは卒業見込みである人
◆決定時期:入学後審査
◆支給時期:入学後
◆給付額:入学金半額返還

③ 学校推薦入試の受験者、または、一般入試の受験者で、血族(2親等以内)が本学園美容科(2年制)の卒業生、あるいは在学中である人
◆決定時期:入学後審査
◆支給時期:入学後
◆給付額:入学金半額返還

特待生B

1年次
美容科(2年制)、ビューティー専科(1年制)の専願者で、県外など遠隔地を理由に自宅からの通学が困難なためやむを得ず一人暮らしをする人
◆申請時期:出願時
◆決定時期:入学後審査
◆支給時期:入学後
◆給付額:年間 美容科18万円 ビューティー専科15万円

2年次
美容科(2年制)の学生で、県外など遠隔地を理由に自宅からの通学が困難なためやむを得ず一人暮らしをする人で、2年次進級時の全課目の平均点が85点以上、欠席日数が3日以内である人
◆申請時期:2年次進級時
◆決定時期:進級後審査
◆支給時期:進級後
◆給付額:年間 美容科18万円 ビューティー専科15万円

特待生C

入学後の制度
次の①、②のいずれの条件も満たす、美容科(2年制)の学生
① 入学後、家庭の経済状況が急変し、就学の継続が困難になった
②生活態度が良好で、出席状況、学習成績ともに優秀であること
◆決定時期:随時審査
◆支給時期:前期/後期学費請求時に減免
◆給付額:授業料全額又は半額免除
 

■小土井学園支援制度

遠距離通学支援

美容科・ビューティー専科対象
◆応募条件
以下の地域より通学している人に対し在学中、通学支援金を給付する。なお、下記以外の岡山県北部等からの通学者については別途協議する。(上限10,000円)
◆決定時期:入学後審査
◆支給時期:毎年5月・10月
◆内容
●種類:A
 早島町 笠岡市 岡山市
 支援金(月額):3,500円
●種類:B
 福山市 赤磐市 和気町、高梁市 倉敷市児島
 支援金(月額):5,000円
●種類:C
 瀬戸内市 備前市 玉野市、新見市 井原市 矢掛町、広島県内(福山市以外)
 支援金(月額):7,000円

※半期ごとに審査(授業態度、遅刻、欠席等)をして、継続認定の選考を行います。

自家用車通学支援

美容科対象
◆応募条件
KBC自治会の規約に同意し、KBC自治会費、年額20,000円を申し込み時に支払うこと
◆決定時期:3月に選考
◆使用開始時期:毎年4月
◆内容:提携駐車場を提供

サロン就学支援

美容科対象
◆応募条件
美容科(2年制)専願者で、卒業後は美容室シルクロードグループ(株シルクロードグループ)に入社を希望する人
〈注意〉卒業後、㈱シルクロードグループに就職し返済。特別措置で一部返済免除あり
◆決定時期:随時審査
◆支給時期:前期/後期 学費請求時に減免
◆内容:70万円を限度に貸与
 

■高等教育の修学支援新制度認定校(昼間課程 美容科のみ適用)

◆授業料等減免制度
授業料・入学金の免除または減額。対象者は、住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生で勉学意欲のある者。

◆給付型奨学金の支給
原則返還が不要な奨学金の支給。対象者は、住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生で勉学意欲のある者。

■日本学生支援機構 奨学金制度(昼間課程 美容科のみ適用)

◆予約採用
高校在学中に予約ができます。在籍する高校で相談・申し込みを完了してください。
予約採用候補者になれば、進学した時に所定の手続きを行うことにより、奨学金を受け取ることができます。

◆在学採用
入学後に申請することができますが、家庭の経済状況・本人の学習意欲などによって審査・判定されます。

申込等詳しいことは、高等学校もしくは日本学生支援機構の各都道府県支部にお問い合わせください。
※日本学生支援機構各支部の連絡先や予約採用制度等は、日本学生支援機構ホームページでも閲覧できます。
 

■教育ローン

オリエントコーポレーション

手続きは比較的簡便です。
「学費サポートプラン」
在学期間中は利子のみの支払いで元金据置が可能。
また、月々の返済額も最低1万円から決められます。
・昼間課程の方 → 詳しくはこちらをご覧ください。
・通信課程の方 → 詳しくはこちらをご覧ください。

セディナ

「セディナ学費ローン」
入学金、授業料、教材費、研究費など、学校への納付金を簡単な手続きにてご利用いただける、クレジットによる分割支払制度です。
・詳しくはこちらをご覧ください。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

教育に必要な資金を融資する公的制度です。
問合せは、最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、労働金庫、農協、漁協)でも可能です。
 

■その他(昼間課程 美容科のみ適用)

西日本旅客鉄道株による指定取扱規則により昼間課程美容科のみ指定学校に認定されています。
よって、通学証明書や学生運賃割引証の発行を受けることができます。
 

■奨学金に関するお問合わせは下記へ

TEL:086-424-7070 FAX:086-424-3300
※お問い合わせは、祝日を除く火曜日~土曜日の午前9時~午後4時の間にお願いします。